へぇ~、マイクロナノバブルには、そういう効果もあったんだ~

 

寒い時期、体を温めようと思った時にまず頭に浮かぶのは、”温泉””ラーメン”ですよね!私の場合ですが(笑)

 

 

皆さまの中には、もしかして”ラーメン”じゃなくて”お鍋”という方もいると思います。

 

 

最近では、ドッグサロンなどでも、ワンちゃん用のスパメニューが充実してきて、”温泉浴”などのオプションメニューがある店舗も増えてきていますので、「トリミングに行ったついでに利用しているよ」という飼い主さまも多いですね!

 

 

では、人でもワンちゃんでも、体を温めるのに一番最適なものは、”温泉浴”だけなのでしょうか?

 

 

じつは、”マイクロナノバブル”にも体をポカポカと温めてくれる効果があるんです♪

 

 

シャンプーだけでは取れない毛穴の奥の汚れまで、かき出してくれる”マイクロナノバブル”は、どちらかというと、体の洗浄効果が高い、というイメージが皆さまの中では強いと思いますが、それプラス温熱効果も高いので、寒い季節にもおススメしたいメニューなんです!

 

 

それではこの“マイクロナノバブル”の汚れを取り除く効果と体を温めてくれる効果の仕組みをかんたんに説明します。

 

 

 

【マイクロナノバブルの効果】

 

1、洗浄(全身毛穴の中まできれい)

2、剥離(皮脂やアレルギー原因を除去)

3、消臭(数週間続く驚きの実体験)

4、温浴(低温でも身体を芯から温め)

5、マッサージ(皮膚をミクロの気泡で刺激)

 

おおまかに分けるとこんな感じです!

 

まずは、もうすでに皆さまが認知されている”汚れを取り除く”仕組みからご説明♪

 

 

超微細気泡と呼ばれている“マイクロナノバブル”は、金魚の飼育などに使う一般的なエアーポンプの気泡の”1000分の1”の大きさで、超高速旋回による静電摩擦によってマイナスに帯電している状態になっています。

 

 

その帯電している電位効果によって、プラスに帯電している汚れなどの物を引き寄せて包み込み、剥離してそのままゆっくりと水中を上昇していき、水面に出た瞬間に破裂します。

 

この時の破裂によって包みこんでいた汚れなどが空気中に広がった結果、施術していたスタッフに喘息症状が出たという事例があり、それだけ汚れを取る洗浄効果が高いという証拠でもあるんですよ。

 

 

でもすごいですよね!帯電の力で汚れを吸着して包み込むなんて、、、(^_^;)

 

 

そして、この”圧壊”と呼ばれる破裂する行為こそが温熱効果を生み出しているんです!

 

 

時速400kmもの衝撃波が体を温める!?

 

 

マイクロナノバブルの気泡が破裂する際、なんと!滝付近で発生しているマイナスイオンの10倍もの量のマイナスイオンが発生しています。

 

 

さらに破裂した瞬間に時速400kmもの衝撃波が当たり、それによるマッサージ効果で新陳代謝を促し、血流促進されて温熱効果が得られます。

 

 

時速400kmもの衝撃波???

 

 

なんかイメージしにくいけど、なんとなく凄さが分かる!という方のために分かりやすい例えにすると、、、

 

 

車好きな人向けの場合は、

F1ドライバーの佐藤琢磨が乗った小さなF1マシンが無数に体当たりをしてくるというイメージで。

 

 

アニメ好きな人向けの場合は、

無数の小さな孫悟空に至近距離から、かめはめ波を絶えず浴びせ続けられ、疲れた時はクリリンに代わってもらうこともあるというイメージで。

 

 

 

余計に分かりずらくしてしまったかもしれません(汗)

 

 

と、このように温泉浴なら、体を芯から温める成分が作用しますが、マイクロナノバブルの場合は衝撃波がマッサージ効果となった結果、体をポカポカ温めてくれる温熱効果に変わるんですね!

 

 

 

それでは、マイクロナノバブルのメリットを一言でまとめますと、、、

 

水と空気しか使わないので、皮膚が弱い子にも安心して使えて、皮膚のバリア機能を壊さずに毛穴奥まで洗浄でき、温浴による新陳代謝とリラクゼーション効果が心地良い。

 

 

 

逆にデメリットというか、温浴しないほうが良いよ、という子は、「体が温まると全身にカユミが出てしまう子」「心臓病などの持病があって温浴が負担になってしまう子」などで、獣医さんから止められている子は温浴させないでください。

 

獣医さんの診断を受けて病状が分かっている子ならまだいいのですが、稀に心臓病になっていることに飼い主さんが気づいていないことがあり、通常の温度でシャワーしたり、温浴させてしまったことで、施術中に体調を急激に崩してしまうことがあります。

 

もし、日頃から、魚の骨がのどに刺さっているかのような空咳をしている場合はもしかして、飼い主さんが気づいていないだけで、心臓病になっている可能性があります!

 

とくに高齢になると発症しやすい心臓病がありますので、くれぐれも「年を取ったから咳をしてるのね」などと、油断せずにすぐに獣医さんに診てもらってくださいね!

 

 

寒さ厳しい季節の温泉浴もいいですが、”マイクロナノバブル”温熱効果で、愛犬をポカポカ体の芯から温めてあげてはいかがでしょうか(^^)

 

ドッグサロンBONNEQUALITE(ボンヌカリテ) 市川