トリミングには関係ない雑学。

 

知っていても、知らなくても、どっちでも良い!

 

トリミングには、まったく関係が無い雑学をみなさまへ!笑

 

でも、犬のことについてですから、まったく関係無いわけではありませんよ♪

 

でも、もしかして1回くらいはふと疑問に思ったこともあるかもしれません!

そんな雑学をちょっとだけですがどうぞ(^^)

 

 

うちの子は何型?犬にも血液型があります

 

まぁ、そんなに大した雑学でも無いですが、人間にも血液型があるように

当然、犬にも血液型はあるんですね!

 

 

犬の血液型というのは人と同様に赤血球の表面に存在する抗原タイプによって決まります。

その代表的なものはDEA(Dog Erythrocyte Antigen)分類であり、現在、国際標準として13の

血液型に分類されています。

 

 

ただ、一般的には、犬の血液型とはDEAI-I抗原の陽性、陰性を判定することです。

手術の際にDEAI-I陽性の血液をDEAI-I陰性の犬に輸血をしても、1回目の輸血では

血液型不適合による副作用はほとんどありません。

 

 

しかし、輸血が行われたことで、犬の体内にDEAI-Iに対する抗体ができるので

2回目以降の輸血では、不適合による重篤な拒絶反応が起きることがあります。

 

 

そのため、初回の輸血時から事前に血液型検査やクロスマッチテスト

(受血者の血液と供血者の血液が適合するかどうかの検査)を

行います。

 

 

また、犬は人のように献血のシステムはありません。

 

 

アメリカでは犬の供血ドナー登録がシステム化されているところが多いのですが、

残念ながら日本ではまだまだ始まったばかりといったところみたいです。

 

 

日本も早く動物医療の先進国であるアメリカの水準に追いつけるといいですよね!

そして動物医療と同じように動物愛護でも先進国の水準に達することを

願っています。

 

 

 

そしてみなさんが気になるもう一つのお題がこちらです!

 

 

犬にとって良い名前ってどんな名前?

 

みなさんのご愛犬のお名前もそれぞれ飼い主さんのいろいろな想いや気持ちを

込めて考えたと思います!

 

 

「犬を飼ったらどんな名前にしよう?」 と考えるのは飼い主の最大の楽しみでもありますよね♪

でも、ちょっとお待ちを!

 

 

どんな名前をつけるかは自由ですが、あまり凝った名前や長い名前、ややこしくて発音しにくい

名前はできるだけ避けたほうが無難です。

 

 

犬は始めから「自分に名前がある」という概念はないので、名前を呼ばれても「自分のことだ」

とは思いません。

 

 

ただ、繰り返し聞いているうちに、その音の響きや名前を呼ぶ時の飼い主の様子などから、何か

特別な意味を持つものだと理解するようになります。

 

 

ということで犬の名前は、仔犬にも伝わりやすい、音の響きがよくてシンプルな名前がベストです!

家族やまわりの人間が呼びやすく覚えやすい名前が「良い名前」といえるかもしれませんね(^^)

 

 

ボンヌカリテにくるワンちゃんも色々な名前の子がおりますが、けっこうシンプルで定番の

名前の子が多いですね、

 

 

ですから施術中も、名前が呼びやすくてとても助かっていますよ(^^)

 

仙台のトリミングサロン BONNEQUALITE(ボンヌカリテ)