他の犬に会った時に吠えるのは、どんな理由?

 

ほとんどのトリミングサロンでは、基本的にトリミング中は、各トリミングテーブルの上で

施術を進めていくわけですが、そのテーブルがわりと近い間隔で置いてあり、

ワンちゃん同士が顔を向かい合わせた状態がほとんどではありますが、

 

 

不思議と施術中に吠え合うということも少なく、それぞれが近い距離にいたとしても、それぞれのテーブルが、

ワンちゃんと担当スタッフ二人だけの空間のようなものを確保してる感じです。

 

 

なかには、過剰に他の犬に対して反応してしまう子もいますが、それは、他の子が

移動したりする時などに一時的なことであり、施術中ずっと吠え続ける子は

ほとんどいません。

 

 

もし、施術が終わるまで、休まずにずっと吠え続けるような子ですと、トリミングで

お預かりすること自体が難しくなってきますよね(^_^;)

 

 

犬が他の犬に対して吠えるという行為はお散歩の時など、普段の生活の中でも

よくあることですが、犬にとってはどのような理由があって吠えているのでしょう?

 

 

吠える理由はさまざまです

 

散歩中、ほかの犬に会うと吠える子がいます。吠えているのは「遊ぼうよー!」の

呼びかけだったり、「恐い、こっちに来るな!」と恐怖心から警告していたり、

「ここは俺のなわばりだぞ、あっちに行け!」と威嚇していたりと、

理由はさまざまです。

 

 

吠えている犬に出くわした時は、遊びに誘っているのか、恐がっているのか、

その様子から理由を見極めましょう。

 

 

無理に遊ばせようとするのはNG!

 

仔犬の頃からいろいろな犬に出会い、犬社会のルールが身についていれば、

他の犬に出会っても吠えることが少ないようです。

 

 

しかし、他の犬に慣れていなかったり、性格的に臆病な犬の場合は

恐怖心から吠えてしまうことも、、、。

 

 

興奮しやすい子は相手の子にじゃれついて、怒らせてしまうこともあります。

 

 

吠えさせないようにするには、散歩中、他の犬を見かけたら、反応する前に

犬の名前を呼んでご褒美を与え、「他の犬を見つけた時に飼い主を見るといいことがある」

と覚えさせましょう。

 

 

この時、無理に「スワレ」 「マテ」 をさせ、他の犬が通り過ぎるまで静かにさせる必要はありません。

 

 

もし吠えられた時は、距離を置いて静かに通り過ぎ、飼い主さんが落ち着いて対応するように

しましょう。犬の性格や相性もあるので、無理に近づいてあいさつさせたり、遊ばせる必要は

ありません。

 

 

犬が吠えずに無視できるようになれば上出来です。

 

 

たまにお散歩途中に出会うすべての子に「ほら、お友達だよ~」と言いながら、

無理やり犬同士を近づけようとする飼い主さんがいますが、絶対にやめて

いただきたいですね!

 

 

実際にそれで咬まれたなどの事故が起きていますからね(>_<)

 

 

犬同士のケンカを仲裁するときは慎重に

 

ケンカを止めるときは、飼い主同士がお互いの犬の首輪をつかんで、

「せーの」 で引き離します。

 

洋服を犬の顔にかぶせると視界がかくれて力が弱まります。

ただし、仲裁に入るのは危険な行為ですから、始めから

近づけないようにすることが得策です(^_^;)

 

 

 

なかなか友達ができない、、、

 

 

犬にも気が合わない相手がいます

 

これはトリマーとの相性が合う合わないのと同じことがいえますね!

 

散歩中、犬同士で楽しそうにじゃれ合ったり、静かにニオイをかぎ合ったりしている姿を

見かけますが、なかには絶対に他の犬と仲良くできない子もいます。

 

犬も人間と同じように、「友達と遊ぶのが大好き」という子もいれば、

「友達と遊ぶのは苦手」という子もいて、その子によってさまざまです。

 

 

また、「アイツとだけは気が合わないや」と感じている場合もあるので、

相性の合わない子と無理に遊ばせる必要はありません。

 

 

社会化時期の過ごし方にも原因があります

 

散歩中に出会う犬に怖くて近づけない、あるいは攻撃してしまうという犬の場合、

仔犬時代の過ごし方が影響している可能性があります。

 

 

犬は生後14~15週頃までに母犬や兄弟犬とたくさん触れ合い、犬社会のルールを

学びます。また、人と触れ合うことで、人との付き合い方や散歩、玄関のチャイム音などの

生活音にも慣れていきます。

 

 

社会化期の過ごし方は犬の成長に大きく影響する大切な時期なのです。

 

 

犬も人間と同じように育った環境やもともとの性格がありますから、

すべての子が相性が合うということは無いと思います。

 

 

犬同士の思わぬ事故を防ぐためにも、愛犬の性格をしっかりと

把握した上で、接する犬のことをきちんと観察することが大事ですよ。

 

仙台のトリミングサロン BONNEQUALITE(ボンヌカリテ)