安いフードと高いフードは何が違う?

 

ワンちゃんの健康管理には、定期的なトリミングはかかせません。

 

 

だからといって、トリミングさえ定期的にしていれば愛犬の健康維持は完ぺき??

 

 

トリミングだと、ブラッシングやシャンプー、またはマイクロバブルバスなどのスパメニューなどすることで、

血行が良くなり、免疫なども上がるなどの内面的効果もありますが、

 

 

一番は、皮膚や被毛などを清潔に保ち、皮膚病予防などの外的効果が強いです。

 

 

では反対に内面からの健康維持といえば、

 

 

やっぱり毎日の食事ですよね!

 

 

人もワンちゃんも毎日食べるもので体は作られますので、内面からの健康維持でしたら、

良質な食事をとるのが一番ですよね!

 

 

ということは、ワンちゃんの場合は、毎日食べるドッグフードが大事!ということです。

 

 

でも、ドッグフードは、いっぱい種類があるし、値段も安いフードもあれば、高いフードもあって、

どれが自分の愛犬に最適なフードか選ぶのはむずかしいですよね(>_<)

 

 

なかでも一番気になるのは、安いフードと高いフードの違いってなんだろう?

 

 

みなさんもそう疑問に思ったことはありませんか??

 

 

値段の違いは、ズバリ!

 

 

 

”原材料の違い”

 

 

そう、みなさんの予想通りです(笑)

 

 

高いフードには、安心安全な厳選した原材料を使用しているので、

どうしても価格が上がってしまいます。

 

 

ただでさえ世の中の物価が高騰している中で、良い原材料を使って安いドッグフードを

作るのは、物理的に無理なことだと思います。

 

 

厳選した原材料を使い、ワンちゃんの健康を一番に考えた

”値段の高いドッグフード”

 

 

企業の利益を一番に考えた

”値段の安いフード”

 

 

当たり前ですが値段が安いフードに、良い原材料を使うと

利益が残らなくなるので、使うことができません。

 

 

では、どうするのか?

 

 

人間用の食品には使えないような加工などの際に出るカス肉や

トウモロコシや小麦粉などを多く使用します。

 

 

酷い場合、4Dミートと呼ばれる”病死した家畜”などを主原料につかっている

ことも、、、

 

 

日本の有名ドッグフードメーカーのトラックが病死した牛を安い価格で

買い取りに来ていたという話は、ペット業界では有名な話しです(^_^;)

 

 

”売れるドッグフード”をつくることはとても簡単。

 

 

食いつきが良くて値段が安い、それでいて知名度があれば売れます。

 

 

まず、安いコストで食いつきを良くするには、”高脂肪、高塩分”にして、

フードの見た目を良くする為に着色料をふんだんに使い、

飼い主さんが見て、美味しそうに思えるように色鮮やかに仕上げます。

 

 

あとは、原材料を抑えて浮いた分のお金を、どんどん広告宣伝費に

使って知名度をあげていけば良いのです。

 

 

一昔前にテレビでよく流れていた味噌汁のCMをご存じですか?

たしか、ハナマルキのTVCMだったと思いますが、

 

 

おじいちゃんと孫娘が登場して、静止画のまま、次のような会話をするんです。

 

 

孫娘:「ねぇねぇ、おじいいちゃん!なんで私達、動かないの?」

 

 

おじいちゃん:「それはね、CMより中身(原材料)にお金を使っているからなんだよ」

 

 

広告宣伝費よりも商品の原材料にお金をかけているということを言っているんですね。

 

 

私はこのCMを見るたびに、「ドッグフードと同じこと言ってるなぁ~」

TVにむかって何度もうなずいてました(笑)

 

 

 

でも最近では、高い価格帯のプレミアムフードでも、”高脂肪、高塩分”

にしなくても、主タンパク源である肉類などの比率を増やしたり、

 

 

質の良い生肉などを使って嗜好性をあげる努力をするメーカーが

増えてきたので、昔のように品質が良いのに、食いつきが悪いが為に

 

 

 

結局、ワンちゃんが好んで食べる高脂肪高塩分の安いフードに

戻ってしまう、ということが減ってきて、一昔前よりもおいしく食べれる

良質なフードにたどり着ける子が増えてきてるように感じます(^^)

 

値段の高いドッグフードは原材料に一番お金をかけてますが、安いフードには安いなりの

理由がありますからね。

 

 

ただし、値段が高いフードなら、すべてが良いのか?

 

 

というわけでは、ありません。

 

 

ワンちゃんだって、人と同じように、どんなに良い食事だとしても、

体質によって合う合わないはありますし、

 

 

原材料がすべてオーガニックのもので作られており、一つ一つの材料は

とても素晴らしいのに、総合栄養食としてのバランスが悪く、

栄養が偏ってしまうというフードもありますからね(^_^;)

 

 

基本、安いコストで良質なフードを作ることは難しいと考えています。

 

 

良質なフードの価格の目安は?

 

大体の目安として、100gあたり100円が妥当だと思います。

 

 

よくホームセンターなどにあるドッグフードで、

1kgあたり100円で売られているものもあります。

 

 

価格がすべてとは言いませんが、フードを選ぶ際の基準として

このくらいの価格は妥当だと思います。

 

 

ぜひ参考にしてくださいね(^^)