換毛期のストレスはトリミングで軽減しましょう。

 

3月始め頃、定期的なトリミングで花粉症を軽減してあげましょう!

 

 

と言っていたのですが、気づけばもう、換毛期の抜け毛対策には

定期的なトリミングが有効ですよ!

 

 

という時期も迫ってまいりましたね。

 

 

花粉with換毛期というコンビ名をつけたくなるほどです。

 

 

ほんとうに月日が経つのは早いものです。

 

 

この時期にトリミングで来店されるワンちゃんは、家での抜け毛で

困っており、シャンプーで抜け毛を一気に取り除きたい!

そう要望している方が多いです。

 

 

また、換毛期にしかトリミングサロンを利用しないという子も多く来店しますので、

これ、いつの換毛期の抜け毛?そう思ってしまうほど、ミルフィーユ状に

抜け毛が重なっている子もいてビックリすることもしばしば、、、

 

 

普段ほとんどブラッシングをしない柴犬などですと、抜け毛が絨毯状に

ガッチリ固まっていてブラシのピンがまったく入らずに折れ曲がってしまう

こともあり、ワンちゃん、施術するスタッフともにトリミングが終わる頃には

疲れてグッタリするくらい負担がかかってしまいます(>_<)

 

 

とくにトリミングに慣れていないワンちゃんにとっては、地獄そのものです。

 

さて、年2回あるとされる換毛期ですが

 

 

2月末の春から抜け始めて4~7月の間がピーク、これが春の換毛期。

 

 

そして9月末から抜け始めるのが秋の換毛期に分けられます。

 

 

あらためて考えてみると1年のほとんどが抜け毛のシーズンという感じですね。

ワンちゃんとの生活には常にこの抜け毛問題がついてまわるということでもあります。

 

 

抜け毛が多いとされている犬種の代表といえば、やっぱり柴犬やラブラドールですかね。

シュナウザーも下毛があるダブルコートの犬種ですが、あまり換毛期はなく、

抜け毛は少ないほうだと思います。

 

 

やっぱり日頃からのブラッシングが大事!

 

昔に比べて最近はだいぶ減ったと思いますが、よく換毛期の時期になると、

その辺の道端でお散歩ついでにブラッシングをして、抜け毛を除去している

方を見かけますね。

 

 

もちろん、抜け毛はそのまま放置、、、

 

 

とくに柴犬やラブラドールなどの換毛期に抜ける毛の量というのは

ハンパな量ではありません、飼い主としてのマナー違反ですから、

絶対におやめくださいね!

 

 

と偉そうに言っている私ですが、じつは小学生の時に飼っていた

柴犬の散歩の時に同じことを何度かやってたことがありました(汗)

 

 

例え、抜け毛のピークとなる時期だけ一生懸命にブラッシングしたとしても

それは既に抜けた毛をかき集めているだけで、次に抜ける予定の毛を

取ることができないのです。

 

 

換毛期だけのブラッシングだけではなくて、普段からマメにブラッシング

していることで、新陳代謝のリズムが良くなり、抜け毛とともに古毛なども

無理なく取り除くことができるんですよ(^^)

 

 

マイクロバブルバスも超微細気泡が、汚れと一緒に

古毛もかき出して除去してくれますから、換毛期の

抜け毛対策にもおススメですね!

 

換毛期の時期にはフケも多く見られる

 

普段、トリミングサロンにも行かず、お家でのケアもまったくしていない子でしたら、

厚い層になった抜け毛の下にフケが大量に溜まっている、ということがあったとしても、

とくに不思議ではありませんが、

 

 

普段、定期的にトリミングサロンに通っている子でも、換毛期の時期は

いつもよりもフケが多くなることがあります。

 

 

乾燥などの理由もありますが、普段よりも毛が抜けるからと強めの力で頻繁に

ブラッシングを行ったことで、皮膚に刺激となり、代謝が早まったりすることで

フケが多くなります。

 

 

フケなども取れて皮膚への刺激も少なめのシリコンブラシが使いやすくて

おススメです。

毎日、やさしく撫でるようにブラッシングしてあげると良いですね!

 

 

ブラッシングを怠ってしまい、抜けた毛が絡まると汚れが溜まりやすく、

皮膚も蒸れてカユミが出てきます。

 

 

とくに抜け毛が何層にも重なっているミルフィーユ状態の子は

皮膚が荒れて炎症や湿疹などが出やすい状態になっていますので、

シャンプーやちょっとの刺激でも、すぐに赤みやカユミなどの

皮膚トラブルをおこしやすくなってしまいます。

 

 

しかも飼い主さんは、普段から愛犬の皮膚の状態を把握していませんので、

抜け毛の下で皮膚にびっしり張り付いていたフケが浮き出てきて、

ビックリ!なんてことも(>_<)

 

 

そうならない為にも、普段からのやさしいブラッシングと定期的なトリミングで

出来る限り抜け毛とフケを除去して新しい皮膚被毛へと生まれ変われる

ような状態にしてあげましょうね(^^)

 

仙台のドッグサロンBONNEQUALITE 市川