言うことを聞かないうちの子はバカ犬?

 

いいえ、違いますよ!

 

 

いつもお家ではヤンチャして飼い主さんのいうことをきかないワンちゃんだって、

トリミングに来た時はほとんどの子はお利口さんにしてくれるものです。

 

 

トリミング自体が恐怖でトラウマになっている場合は別ですが、、(^_^;)

 

 

もちろんトリミングが苦手な子は、緊張で固まっているだけの時もあるし、

本当にトリミング自体が好きだったり、スタッフと触れ合うことが大好きだったりして

大人しくいうことをきいている場合もあります(^^)

 

 

トリミングで通っている飼い主さんの口から、よく出てくる言葉が

 

 

「うちの子、言うこときかないおバカなのよ~」

 

 

でも、そんな言葉でも、けして怒りや呆れなどで言っているわけではなく、

むしろ愛情を感じさせるような言い方です♪

 

 

よく人間でも出来が悪く手がかかる子の方が、なんだかんだ文句を

言いながらも、手がかかる分可愛いんだよね、そんなふうに感じますからね!

 

 

では、いくら愛情を込めて言っているとはいえ、言われっぱなしの

ワンちゃんを代弁して言わせていただきますと、

 

 

飼い主さんのあいまいな態度が原因です

 

ワンちゃんが言うことを聞かないのは、頭が悪いわけでも、能力が劣っているわけでも

ありません。飼い主さんが言っていることがいつもあいまいだったり、わかりにくいために

犬に伝わっていないのです。

 

 

例えば、ある日は食べ物を要求して吠えたらもらえたのに、別の日に吠えたら叱られた

というのでは、ワンちゃんは混乱してしまいます(>_<)

 

 

ワンちゃんは人間の言葉を覚えたり、文章の意味を理解しているわけではありません。

「スワレと言われた時に座ったら褒められた」というような過去の経験をもとに

オスワリができるようになるのです。

合図となる指示語はひとつに決めていつも同じ言葉で練習するようにしましょう。

 

 

しつけの合図は「わかりやすく」が鉄則

 

「スワレ」でワンちゃんが座った時にはすぐに褒めましょう!飼い主さんが言った

「スワレ」と、「自分が座る」という動作がワンちゃんの頭の中で結び付くようになります。

 

 

ワンちゃんは「こうすると褒められる!」と覚えてはじめて指示に従うようになるんです。

「スワレ」と言ってみたり、「シット」と言い換えたり、「〇〇ちゃん、おすわりよ」

などと家族でバラバラに指示を出していては、ワンちゃんはどうしていいのかわからず、

混乱するだけです。

また、合図はワンちゃんに向かってハッキリと短い言葉で1回だけ言うのがポイントですよ!

 

 

そして、この話しにつながる悩みはこちら

 

 

「オイデ」と呼んでも来ない

 

これはトリミングルームでもよくあることですが、呼ぶと喜んで

駆け寄ってくれる子と、呼んでもぜっっったいに来ない子がいます(笑)

 

 

トリミング自体が嫌いで常に早く帰りたいと思っている子にとっては、

呼ばれて行けば、どうせ嫌いなことされるに決まっているんだから、

行かない。

 

 

そう思っているでしょうね。

 

 

じゃあ、トリミングが嫌いな子がみんなそうかといえば、そうじゃないです。

 

 

施術中あんなに嫌でキャンキャン大騒ぎしている子でも、「〇〇ちゃん、おいで~」

と呼べば、喜んで駆け寄ってきます(笑)

 

 

人見知りする子なのか、人が大好きでかまってくれるなら、誰でもいいのか。

 

 

その辺の違いでしょうかね(^_^;)

 

 

「オイデ」と呼ばれると嫌なことがあると学習してしまう

 

きっとほとんどの子は、「オイデ」と呼ばれて飼い主のところへ行くとオヤツをもらえたり、

褒められて撫でてもらえる、ワンちゃんは「オイデ」をそんなふうにおぼえていたはずです。

 

 

それなのにいつしか「オイデ」と呼んだ後に爪を切ったり、嫌いなシャンプーをしたり、

叱ったりしていませんか?

 

 

毎回、ワンちゃんにとって嫌なことや苦手なことが続くと「オイデと呼ばれた時は嫌なことがある」

そのようにおぼえてしまいます(>_<)

 

 

それじゃ、いくら呼んでも来なくなりますよね(^_^;)

 

 

 

オイデ=楽しいことがあると覚えさせましょう

 

「オイデ」で飼い主のところに行けば、オヤツがもらえたり、ほめられる、

遊んでもらえるなど、かならず楽しいことが待っている覚えさせましょう!

 

 

外で人に迷惑をかけそうな時、危険な場所に出てしまった時に「オイデ」の

合図は役立ちます。

愛犬の安全のためにも「オイデ」で飼い主のもとに来るようにしつけるのは

とても大切です。

 

 

反対にワンちゃんが嫌いなことをする時に「オイデ」を使うと呼んでも来なくなってしまう

ので気をつけてくださいね!

 

 

ボンヌカリテでも、例えトリミング施術で苦手なことや嫌いなことがあるワンちゃんでも、

お店やスタッフ自体を嫌いにならずに、むしろ喜んで来ていただけるように

さまざまな工夫をしながら取り組んでいます。

 

 

その結果、ほとんどの子が嫌がらずに

来店してくれるので、とてもうれしいです(*^_^*)

 

 

これからも、もっとワンちゃんが楽しい場所だと認識してくれるように

取り組んでいきますね!(^^)

 

仙台のドッグサロン BONNEQUALITE(ボンヌカリテ)