道端の草を食べるのは野菜不足解消のため?

 

いいえ、けして栄養を補っているわけではありません。

 

 

ボンヌカリテにトリミングで来店するワンちゃんの中にも、車ではなく、

お散歩がてら歩いて来店する子がいるのですが、

 

 

飼い主さんの口から、「今来る途中で道端に生えてる草をムシャムシャ食べてきたんだけど、調子悪いのかな?」

そのように心配されながら来店する飼い主さんもいますし、

 

 

トリミングが終わってせっかくキレイになったのに、歩いて帰る途中に草を食べに草むらに

グイグイ入ってしまったから、また汚れちゃったのよ~

 

 

そのような飼い主さんからの悲痛な叫びが聞こえてくることも度々あります(^_^;)

 

この道端に生えている草を食べるという行為について、トリミングサロンのスタッフであれば、

一度はその理由についての話題になったことがあると思います。

 

 

私も子供の頃に飼っていた柴犬が、よく散歩中に道端の草を食べており、

その様子を見ながら、犬も野菜不足なんだなぁ~と思っていました(笑)

 

 

道端に生えている草は食べても大丈夫?

 

散歩中に道端に生えている草をムシャムシャ食べてしまう犬がいますが、意識的に食べて

栄養不足を解消しているということはほとんどありません。

 

 

仮に栄養バランスに問題があったとしても、犬が道端の草で補える栄養というのは

ほぼありません。

 

 

草を食べる原因はいろいろですが、「なんとなく食べたらおいしかった」と

クセになっているのかもしれませんし、噛みちぎる感触が気に入ったのかも

しれません。

胸やけしたときに草を食べて吐き戻しをするという説もありますが、確かではありません。

 

 

衛生的に良くないので草は食べさせないように

 

道端の草には、他の犬のおしっこやウンチなどの排泄物がついていたり、

排泄物から出る寄生虫の卵がついているかもしれません。

 

植物の種類によっては毒性があり、嘔吐や下痢を引き起こす可能性もあります。

また、除草剤や殺虫剤がかかっていることもあり、とても危険です!

 

犬が食べたそうにしても、その場からさっさと立ち去るようにしましょう。

やめさせようとして飼い主が「食べちゃダメでしょ!」とおおげさに騒ぐのは

逆効果です。飼い主さんと草を奪い合うゲームをしていると勘違いしてしまいます。

 

 

 

拾い食いはおなかが減っている証拠?

 

これもトリミングで来店している飼い主さんからはよく相談される行為ですよね(^_^;)

 

犬は目の前に落ちている物には興味津々ですから、目の前の物を本能的に

口に入れてしまいます。

 

道端に落ちている物を見つけると「なんだろう?」と興味を引かれて近寄っていき、

ニオイをかいで食べられそうだとわかると、パクッと口に入れてしまいます。

 

 

そこで飼い主が取り上げようとすると、奪い合いゲームになってしまったり、奪われないように

慌てて飲み込んでしまいます(>_<)

 

 

拾い食いしないことを覚えるまでは、食べ物が落ちていそうな散歩コースは避けましょうね!

とはいっても、食べ物が落ちていそうなコースも落ちて無さそうなコースも、

どんな基準で分ければいいかなんて分かりませんよね(苦笑)

 

 

拾い食いさせてしまうNGな行動

 

【その1】 犬は道端で気になる物を見つけると立ち止まります。

 

【その2】 犬が止まったのにつられて飼い主さんも立ち止まってしまいます。

 

【その3】 飼い主さんが立ち止まったので、食べて良いいんだと判断し、口の中にパクリ!

 

【対処法】

食べ物が落ちていたら、犬が近づく前に、すばやくその場所を通り過ぎましょう。

口に入れてしまっても、飼い主さんは慌てず騒がず、口の中から取り出してください。

飼い主さんが冷静に対応することがとても大事になりますよ。

 

 

中毒になることもあるので拾い食いはやめさせよう

 

道に落ちている食べ物は腐っていたり、犬にとって有毒だったりすることが多く、

とても危険です!

 

 

食べてしまうと食中毒や胃腸炎、肝炎などの病気の原因にもなります。

食べ物のニオイが残るパッケージなど、食べ物以外のものを口に入れ、

飲み込んでしまうこともあります。

 

 

農薬や殺虫剤のかかったものが落ちていたり、意図的に毒物を仕掛ける事件もありますから、

愛犬を守る為にも、拾い食いのクセは絶対にやめさせましょう!

 

仙台のトリミングサロン BONNEQUALITE(ボンヌカリテ)