News&Column

お知らせ&コラム

2023.12.02 コラム

シワができる原因・対策法について

シワ

年齢とともに深くなるシワ。実は加齢だけではなく紫外線や表情のくせなど、様々な原因があることをご存知でしょうか。
シワの原因を取り除くことで、実年齢よりも若くみえ る肌へと導きましょう。

シワができる原因や種類、対策法について詳しくご紹介します。

 

加齢による肌の弾力低下

加齢とともに肌の弾力成分のコラーゲンやエラスチンが減少して、肌がたるみやすくなります。肌がたるむと皮膚が寄ることでシワになるのです。

 

気温や湿度低下による乾燥

気温や湿度が低い環境では、肌の水分が奪われて乾燥しがちにになります。乾燥によって肌のキメが乱れることで細かいシワができるのです。

 

紫外線ダメージによるもの

紫外線は肌の乾燥だけでなくコラーゲンやエラスチンの減少をまねきます。たるみによるシワと乾燥によるシワの両方ができるでしょう。
炎天下で仕事をしている人や頻繁に外にでる人は十分に紫外線対策をする事が大切です。

長年にわたる紫外線ダメージの蓄積によって深いシワや小ジワが多数刻まれます。

 

表情のクセ

肌の乾燥によってシワができはじめ、そこに表情のクセが重なることで深いシワや小ジワができます。気がつくと眉間にシワを寄せている方、よく笑う方などは表情のクセによるシワができやすいでしょう。

 

それではシワのケア方法と予防対策の方法について詳しくみていきましょう

 

シワを防ぐためのケア

 

紫外線対策

紫外線ジワを防ぐために、日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなど紫外線対策をすることが大切です。紫外線ダメージは蓄積されていくため、できるだけ早く始めることをおすすめします。

 

表情筋のトレーニング

表情筋を鍛えることで、肌をしっかり支えられるようになります。表情筋のトレーニングの方法は様々ですが「あおあおういうい体操」がおすすめです。

 

(1)「あ」と「お」の形を30秒ごとに切り換えるのを何度か繰り返す。

(2)「う」と「い」の形を30秒ごとに切り換えるのを何度か繰り返す。

「あ」は大きく口を開き、「お」は口の中に広い空間を作るように開きます。

「う」は「お」の形よりも唇をすぼめ、前方へ突き出してください。「い」は歯をみせて笑うように口を左右にへひらきましょう。

 

シワに有効な成分が配合されているスキンケアを使う

シワに有効な成分が配合されているスキンケアアイテムを使いましょう。紫外線の影響を抑えるビタミンC誘導体や、肌のターンオーバーを促してコラーゲンを増やすレチノール、高い保水力を持つヒアルロン酸などが含まれたものがおすすめです。

 

ストレスをためない

ストレスはターンオーバーのサイクルを乱して肌に悪影響を及ぼします。趣味を楽しむなどしてストレスをこまめにに発散させましょう。

 

すでにあるシワのケア

すでにあるシワは次のようにケアしましょう。

 

保湿を徹底

保湿を徹底し、シワをこれ以上増やさない事が大切です。乾燥によって一時的におきているシワであれば保湿ケアで改善する可能性があります。

 

紫外線ケアを欠かさない

紫外線ダメージの蓄積を防ぐために、日焼け止め、日傘、サングラスなどで

十分に対策してください。短時間の外出時にも紫外線対策をして、徹底的に紫外線ダメージを防ぐ事が大切です。

 

まとめ

シワの原因は紫外線やストレス、間違ったスキンケアやなど、様々です。

シワができないようにスキンケアや生活習慣を見直しましょう。

シワは加齢とともに増える傾向があるため、シワがたくさんできていると実年齢よりも老けてみえるので、しっかりとお手入れをしましょう。

 

 

ロゴ

OPEN 10:00~19:00(完全予約制)
CLOSE 不定休

copyright©BONNE QUALITE.co.,ltd